長年ビタミンの研究を続けています

β-グルカンとは

グルコース(glucose)同士が化学的に結合して長く連なった多糖(所々に枝分かれのあるものもあります。)、すなわちグルコースのポリマー(高分子重合体)をグルカン(glucan)と称します。グルコース同士の結合様式にはα型とβ型の2種類があって、前者のタイプをα-グルカン、後者のタイプをβ-グルカンと称します。α-グルカンの代表的なものにデンプンやグルコーゲンがあり、われわれの消化系の酵素(唾液アミラーゼ、膵液アミラーゼなど)はα-グルカンを最終的にグルコース(ぶどう糖)やマルトース(麦芽糖)などに分解できます。他方、われわれの消化系の酵素はβ-グルカンを分解することができません。そのため、われわれはβ-グルカンをグルコースの供給源としては利用できないのです。β-グルカンの代表格はセルロースです。

トップページ